top

乳酸菌とヨーグルト

乳酸菌で花粉症対策

花粉症の発症の原因のひとつとして、免疫のバランスが崩れることによってなってしまうことがあります。免疫機能が崩れると、体内に入り込んだ花粉を「異物」であると判断し、花粉を攻撃しようとします。免疫のバランスが崩れ、外敵に対して(花粉症の場合は花粉に対して)過剰な防御反応を引き起こすことによって、花粉症の代表的な症状であるくしゃみや鼻水、目のかゆみなどの症状が起こることがあるのです。

この花粉症に効果があると期待されているのが乳酸菌です。乳酸菌は腸内環境を良くする働き、免疫力を強化する働きがあります。この効果が、花粉症にも有効であるといわれているのです。

代表的なものが、ヨーグルトに含まれているビフィズス菌やガゼリ菌などですが、乳酸菌は薬ではないので即効性があるものではありません。乳酸菌による花粉症への効果は、花粉に対して直接働くわけではなく、体質改善によって期待できるものなので、継続的に乳酸菌を摂取することが大切です。