top

乳酸菌とヨーグルト

乳酸菌を摂るベストタイミングは

乳酸菌は、摂取することによって腸内環境を整える、それにともなってさまざまな効果が期待できる、大切な菌です。せっかく摂取するなら、できるだけ効果が高くなるタイミングで摂りたいですよね。乳酸菌は特別、いつ摂らなければいけない、という明確な決まりはありません。

ただ、乳酸菌の特徴などを考えると、「食後がいい」といわれています。なぜ食後がいいといわれているのかというと、乳酸菌は胃酸に弱いという特徴を持っています。そのため、食前や空腹時などの胃酸の強いときに摂取するより、食後で胃酸が減っているときに摂ったほうが、より生きた菌を腸内まで届けられる、ということなのです。

また、朝か、夜か、ということでいうと、夜のほうがよりいいといわれています。もちろん朝に摂っても効果はありますが、夜に摂取することによって、寝ている間に乳酸菌が活動しやすい環境が作られ、より高い効果が期待できるといわれているのです。夕食後の2時間、寝る2時間前、が、ベストタイミングを考えられています。 またいくら身体に良いからといって、乳酸菌の過剰摂取はしないようにしましょう。何事もバランスが大切です。