top

乳酸菌とヨーグルト

乳酸菌のプロバイオティクスって何?

「プロバイオティクス」というのは、腸内フローラのバランスを改善し、人の身体に良い働きをする、有益な生きた微生物のことです。腸内フローラというのを知っているでしょうか。人の腸内には、何百種類もの菌が存在し、約100兆個もの多種多様な腸内細菌が住み着いています。その腸内細菌は、種類ごとにまとまって住み着いており、その様子がお花畑のように見えることから、腸内フローラといわれています。

「プロバイオティクス」にはいくつかの条件が設定されています。腸内フローラのバランス改善などに効果があること。腸内で増殖すること。胃液や胆汁などに強く、腸まで届くこと。安全性が高いこと。摂取することが簡単なこと。価格が安いこと、などです。

「プロバイオティクス」には、乳酸菌やビフィズス菌などがありますが、食品自体(ヨーグルトなど)などもいい、今ではさまざまなプロバイオティクスの商品が出ています。身体によい菌を増やし、健康を保つというのがプロバイオティクスの特徴です。 これを機に乳酸菌で健康生活始めてみませんか。