top

乳酸菌とヨーグルト

乳酸菌ブルガリア菌の特徴

ブルガリア菌というのは、たくさんある乳酸菌の一種です。ヨーグルトなどに含まれている菌なのですが、このヨーグルトを作るために必要な菌です。ヨーグルトは、牛乳に菌を加えることでできますが、このとき牛乳に加える菌がブルガリア菌です。ヨーグルトの風味や酸味はブルガリア菌によるものなのです。

菌の特徴としては、死菌でも効果があるということです。乳酸菌は摂取すると、体内で胃酸や胆汁などの働きを受けます。そのため、生きたまま腸にたどり着くものもあれば、胃酸や胆汁などによって死んでしまう菌もあります。死んでしまった菌を死菌といいますが、ブルガリア菌は、死菌になっても効果があるといわれています。ブルガリア菌自体が、ほかの乳酸菌や善玉菌のエサとなり、それらの増殖を助けるなどの効果があるからです。死菌となってもエサとなって活躍するのです

ブルガリア菌は、腸内に生息することはできません。しかし、腸内で乳酸を作り出し、腸内環境を整える効果があります。