top

乳酸菌とヨーグルト

乳酸菌サーモフィルス菌の特徴

サーモフィルス菌は、乳酸菌の中でもブルガリア菌とともに、ヨーグルトを作るときに必要な乳酸菌です。ヨーグルトは牛乳から作られますが、牛乳にサーモフィルス菌とブルガリア菌を加えると、まずサーモフィルス菌が増殖し、ギ酸という成分を作り出します。このギ酸は、ブルガリア菌の生育に欠かせないもので、ギ酸を取り込むことでブルガリア菌が増殖します。ブルガリア菌は増殖するとともに、アミノ酸やペプチドなどの成分を作り出します。アミノ酸やペプチドは、サーモフィルス菌の増殖に役立ちます。このように、サーモフィルス菌とブルガリア菌はお互いが増殖する助けをします。そしてたくさんの乳酸を作り出し、ヨーグルトが出来上がるのです。

また、サーモフィルス菌はガンの予防にも効果が期待されています。たんぱく質が腸で消化されるときに、悪玉菌が働き、発がん性物質のニトロサアミンという物質ができます。これが直腸がんなどの原因とされているのですが、サーモフィルス菌はこれらの有害物質を吸着し、体外へ排出してくれる働きがあるといわれているからです。 乳酸菌とビフィズス菌の違いについても参考にご覧ください。