top

乳酸菌とヨーグルト

目的に応じた乳酸菌の効果

乳酸菌はいろいろな種類があります。種類がある、ということは、特徴もそれぞれ違うということです。ここでは効果・目的に合わせて乳酸菌を紹介します。

便秘の予防に効果のある乳酸菌は「ビフィズス菌」です。善玉菌の多くはビフィズス菌なので、積極的にビフィズス菌を摂ることで便秘の改善が期待できます。

ダイエットに効果がある乳酸菌は「ガセリ菌」です。コレステロールの低下や、内臓脂肪がたまるのを抑えてくれるなどの効果があるのでダイエットに効果が期待できます。脂肪や糖分などの吸収も抑制してくれます。

花粉症に効果がある乳酸菌は「クレモリス菌」です。ほかの乳酸菌にはない「抗炎症性成分」を持っており、粘膜の炎症が原因で起こる鼻づまりや目の充血などを抑える効果が期待できます。

インフルエンザや風邪の予防に効果がある乳酸菌は「R-1」です。ウイルスの攻撃を防御してくれるNK細胞を活性化する働きがあるので、インフルエンザ予防に効果が期待できます。