top

乳酸菌とヨーグルト

乳酸菌ラブレ菌の特徴

乳酸菌はヨーグルトなどのほかにもお漬物などにも含まれています。「乳酸菌ラブレ菌」は、「すぐき漬け」というお漬物から発見された乳酸菌です。「すぐき漬け」というのは、かぶの一種である「すぐきな(酢茎菜)」を塩で漬け込んで作られており、お漬物の中でも特に酸味が強いものです。千枚付け、紫葉漬けと並ぶ、京都で作られているお漬物です。

ラブレ菌は植物性乳酸菌なので、動物性乳酸菌よりも生命力が強いのが特徴です。その中でもラブレ菌は、腸内生存率が高い乳酸菌だといわれています。腸内でも長くとどまることができ、栄養の吸収や消化に役立つとも言われています。

ほかにも、インターフェロンを生み出す力を強くするといわれています。インターフェロンというのは、感染症予防などに期待ができる成分で、体内でウイルスなどの異物に反応し、細胞が分泌するたんぱく質の生成を促進する働きもあるといわれており、ウイルス性疾患などにも効果があると期待されています。

また、乳酸菌ラブレ菌は、善玉菌であるビフィズス菌などを増やす働きがあります。コレステロール値を低下させる効果もあるといわれており、コレステロールや中性脂肪が原因で起こる動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞などの予防にも期待ができるとされています。