top

乳酸菌とヨーグルト

乳酸菌と水虫の関係性

乳酸菌と水虫、一見無関係に思えますが、じつは関係があるのをご存知ですか?乳酸菌は主に腸内で活躍する菌であるということは知っている方も多いかと思います。じつは、ヒトの身体は、腸内だけではなく皮膚の上でも善玉菌と悪玉菌が存在しているのです。ヒトの皮膚には、「表皮ブドウ球菌」という善玉菌と、「黄色ブドウ球菌」「真菌」という悪玉菌が存在しています。

善玉菌である「表皮ブドウ球菌」は、皮脂や汗をエサとして脂肪酸を作り出します。この脂肪酸で皮膚表面を酸性に保つのです。しかし悪玉菌である「黄色ブドウ球菌」や「真菌」は、汗や皮脂のほか、角質や垢などをエサとしてアンモニアなどを作り出します。

善玉菌が優勢のときは、酸性に保ち、悪玉菌の繁殖を防いでいますが、悪玉菌が優勢になると皮膚トラブルが発生し、水虫などになってしまいます。そのため、善玉菌を増やしてくれる乳酸菌が水虫にも効果があるといわれているのです。乳酸菌液を作り、足を浸すことが水虫に効果的だといわれています。